ガラス屋根

全天候型広場を支え、空の多彩な表情を映す。

全天候型に対応

グランドプラザは全天候型の

イベント広場です。

悪天候が理由でイベントが

中止になったことはありません。

晴れた日は明るく、

風が吹き抜けます。

 

約1100枚のガラスが

65m×21m×19mの空間を

作っています。

全国でガラスの屋根を持つ広場が

増えていますが、

グランドプラザはその先駆けと言えます。

グランドプラザほど

ガラスの割合の多い建築は珍しく。

ガラスの街富山を

象徴する建築となっています。

 

グランドプラザのような建築は

アトリウムと呼ばれます。

アトリウムはギリシャ神話にも

記述があるほど歴史ある建築様式です。

古代ローマ時代では

大きな天窓のある中庭のこと指し、

床には大理石が敷き詰められ

人々が集まる社交場となっていました。

 

これは現代のグランドプラザと

驚くほど共通しています。

グランドプラザも周りを

商業施設や商店街に囲まれた

大きなガラス屋根のある

街の中庭とも言え、

床は御影石が敷き詰められ

人々が集まる拠点となっています。

イベント、空中展示に

明るいガラスの屋根のおかげで

雨の心配なく様々なイベントを

行うことができますが、

ガラスの屋根を活用したイベントを

行うこともできます。

 

毎年行われている

富山消防署のイベントでは、

消防隊員が高さ18.5mの地点から

ロープ一本で降下するパフォーマンスが

イベント開幕の合図となっています。

 

頑丈な屋根の構造は

空中展示に使うことも可能で、

天井の梁には専用のフックが

取り付けられています。

また、梁に直接結ぶこともできます。

 

過去には

今でも遊具として使用している

つながるーぷで作った巨大なオブジェや、

オーガンジーのカーテン、

飛行船や鯨の形をしたオブジェの

展示を行なっています。

また、毎年冬になると吊るされる、

約2万個のLEDで作られた

イルミネーションツリーも

屋根の構造が支えています。

ガラスでできた建物なので

当然、地震が心配です。

しかし、設計上震度7までは

耐えることができます。

 

鉄骨の構造は

四角形と三角形を組み合わせた

シンプルながら強固な構造です。
また、使用されている全てのガラスは

強化二重構造になっており、

2枚のガラスは強力なフィルムで

固定されているので

割れても欠けらさえ

落下してくることはありません。

ただ、強化ガラスの特性として

自然と年に1枚程度は割れてしまいます。

 

もちろん屋根の上に

人が乗ることも可能です。

ガラスは1枚につき200kgまで

耐えることができます。

屋根の上に登りたいと言う人もいれば、

絶対に登りたくないと言う人もいます。

毎年5〜6月には市民団体による

屋根の清掃活動も行われています。

 

富山は多雪地帯です。

グランドプラザの屋根に雪が積もると、

途端に広場は暗くなってしまいます。

また、雪の重みは事故の原因にもなり得ます。

 

そのため屋根全面に

融雪設備が備えられています。

センサーが降雪を感知すると

自動で水が噴き出す仕組みです。

南北半面ずつ交互に

毎分600リットルの散水が行われます。

この水には井戸水が使用されるので

驚くほどに経済的です。

 

この融雪設備は屋根の掃除など

メンテナンスの際にも使用されます。

融雪の水や雨水は数カ所に集められ、

グランドプラザの柱の中を通る雨水菅や

フェリオの建物の中を通り排出されます。

融雪

耐震

富山市まちなか賑わい広場(グランドプラザ)

〒930-0083 富山県富山市総曲輪三丁目8番39号

365日24時間開放広場

株式会社まちづくりとやまグランドプラザ事務所

〒930-0083 富山県富山市総曲輪三丁目6番15ー23号

営業時間 9:00〜18:00(年中無休)

TEL:076-407-4400

FAX:076-407-4422

E-mail gp@grandplaza.jp